FXとは?FXを始めるならデモ口座から!初代谷口組

FX専門用語解説

ここではFX取引において、メジャーな用語をいくつか紹介したいと思います。

「マージンコール」とは、保証金以上の損失を未然に防いでくれるものです。証拠金から損失をマイナスした額が一定の割合を下回ると業者からメールや取引画面での表示などによってマージンコールが告げられます。

マージンコールが発生した場合の解決方法としては、決められた期日までに口座にお金を振り込んで保証金の額を増やすか、取引を一部決済することで回避することはできます。

マージンコールが発生しているにもかかわらず、こちらが何もせず、さらに損が拡大した場合は「ロスカット」が行われます。

「ロスカット」とは、マージンコール後、証拠金が設定された割合を下回った場合に自動的に決済してしまうシステムのことをいいます。ロスカットは、損失を出さずに済むように設置されたリスク管理システム、いわゆる損切りのことです。


>> 次ページ「FXの税金について」へ