FXとは?FXを始めるならデモ口座から!初代谷口組

資産の長期運用テクニック

FXの長期運用テクニックとして、低金利通貨を売って高金利通貨を買う、スワップ狙いの取引があります。

スワップポイント狙いの取引とはつまり、低金利通貨を売って高金利通貨を買うことで、金利差(スワップポイント)を儲けようという取引になります。

スワップポイントは日割りで計算されますので、いったん低金利通貨を売って高金利通貨を買ったなら、なるべく長くそれを持ち続けるほうがいいわけです。

長期取引では、リスク管理が必要ですが、毎日画面を眺めるといった、時間に拘束されることが少なくて済みます。

ただし、スワップポイントだけで利益を出そうとしても、急激な為替レートの変動で、利益がなくなってしまい、プラスマイナス0という状態になる場合もあります。

また、スワップ取引では、証拠金を多く持たなければ利益が小さくなってしまう点があげられます。


>> 次ページ「リスク回避のテクニック」へ